最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

クールポコ状態

  1. 2010/12/19(日) 15:39:17|
  2. Web開発記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
一部の人々の間では「やっちまったな!」という状態は
クールポコ状態よばれているらしいが・・・
今の私がクールポコ状態である。

何をやっちまったのかというと
今日は朝から「携帯電話でAmazonマケプレの本を検索して、購入する」
というサービスを作成しようと設計+製造をしていた。
開発の使用言語はマイブームのJavaScriptを選定したんだけど、
ふと、気づいた。
「携帯電話ってJavaScriptに対応してたっけ?」


調べてみると、驚愕の事実が判明。
現時点で市場に出回ってる携帯電話はほぼJavaScriptに対応していないという
(^o^)/オワタ

PHPで作り直すか。

  1. 2010/12/11(土) 00:37:30|
  2. Web開発記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
AJAXは暴れん坊将軍である。いやAJAXとゆうよりもむしろAJAXO(えいじゃっくそ)である。
なんというかAJAXとその特徴である非同期通信とは気むづかしい奴なのだ。
僕は業務アプリのプログラム開発をメインにやってきた人間なので、ずーっとプログラムといったら
上から下まで処理が順序正しく流れていくものであると考えていた。
それこそプログラムに記載された順序で処理が実行されていくのが宇宙の法則であり、疑う余地の無い原則であった。
だが、上から下に処理を実行するという、それこそ晩飯を食ったら歯を磨き、クソして寝るレベルの
当たり前のことがAJAXにおいては保証されていないのである。

これには手を焼いた。
なんせ処理を順々に書いていけばそれで正しく動くはずなのに、動かない。
前段の処理が終わってないのに後ろの処理が勝手に動き出す!っておい!人の言う事を聞け、このfuckinProgramが!

AJAXに関しては趣味で独学でやっているため、誰にアドバイスを求めることもできず、どこで処理が飛ばされるのかが予見できない。
手探りの挑戦が続いたが、何度もテストを繰り返すうちに怪しいポイントが絞り込まれてきた。

$.getJSON()という関数がどうにも遅れてしまう。
$.getJSON()では複数件のキーワードをYOUTUBEに渡し、それにマッチする動画のURL、タイトルを取得する
と言う事を行っていた。複数件のキーワードをYOUTUBEに渡そうとしてぐずぐずしてると
他の処理が先に完了してしまって取り残されていたようである。この、のろまちゃん!

こののろまちゃんを救済するために、以下の対処を実施した。
あらかじめ、YOUTUBEの画像を貼り付けるテーブルの枠を作成し、YOUTUBEの動画情報取得処理で取得した
URL等の情報をセレクタ指定でその枠にはめ込むのだ。

AJAXに詳しい人であれば処理順序を制御する方法を考えるのだろうが、わからなかったので今回は
その辺の考察はパスすることにした。とりあえず、動けば良いので。(^_^;)

【参考文献】
「Web製作の現場で使うjQueryデザイン」


「jQueryによるWebサービス活用ワザ実践サンプル集」
Amazon、Yahoo、Googleといったメジャーどころ以外にも使えそうなWebサービスの使用例を紹介している。
jQueryとWebサービスを組み合わせてマッシュアップサイトを作成しようとしている人にお勧め。
解説が物足りないところがあり、ソース解読には少々苦労しましたが、これでもかとWebサービスが紹介されている為、お得感満点です。

バナー作成ツール

  1. 2009/07/12(日) 10:51:30|
  2. Web開発記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
グラフィック関係のスキルが0に等しい私ですが
Webサイト訪問者のナビゲーションのためにどうしても
バナーが作りたくなり、発見したサイトがココ。
バナー自動作成

洗練されたユーザーインターフェースが実装されており、
(とはいえ若干わかりにくい部分もありましたが・・)
ものの数分でおおむね希望どおりのバナーを作成できました。

これでお試し査定に人が集まるのか、効果の程が見物です。

お試し査定はココ

なんでもWebサービス化しちゃえば?

  1. 2009/03/07(土) 00:37:43|
  2. Web開発記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
確定申告シーズンである
不動産の収入があるため、確定申告をしなくてはならず
書類をぽちぽち集めているのだが、
久しぶりに不動産の事を考えてしまった。

不動産のネット検索の使いづらさはどげんかせんといかんと思う。

アパマン、yahoo不動産、@home等々の不動産のコンテンツを
提供するサイトはいくつもあります。
地域密着型の零細不動産業者のサイトも含めると
それこそ星の数ほど存在している。

いろんなサイトに情報が散在しているから、
これがベスト!と断言できる物件情報を発見するには
複数のサイトの比較検討というアクションが必要である
可能性が高いのです。

アパマン見て、次はyahoo見て、ひょっとしたら掘り出し物が
あるかもしれないので地元の不動産屋さんのサイトもチェックして
みたいに

こういう風に複数のサイトを何度も開いたり閉じたりするのは
あり得ないくらいにめんどくさいです。
ひょっとしたら、候補サイトの情報が載ってるブラウザを
間違えて閉じてしまって「どこいった〜」みたいなことにも
なりかねないわけで。

あと、サイトによって検索操作方法が微妙に違うから
ユーザビリティも最悪です。

そんな現状に不満たらたらな私は
Amazonが不動産を扱えば良いのにとか思ってます。
Webサービス化して、ユーザーが欲しい物件の情報を、
欲しい形状で抽出できる形にして提供する事が
最高のユーザビリティやソリューションの提供に
つながるのではないかと思うのです。
(リッチコンテンツで固められたWebサイトがベストとは思えない、
 情報さえ手に入るならCUIでも問題ないし)

どげんかしたいけど
知恵も時間も足りないので、保留。

アソシエイトリンクジェネレータを作成しました

  1. 2008/11/03(月) 21:34:01|
  2. Web開発記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
こんばんは ラッシャー木村です。

今日は国民の祝日です。
神戸市須磨区においては
「名谷車両基地で遊ぼう。地下鉄フェスティバル2008」
が開催されていたわけですが、
そんなものには目もくれず、プログラムを作ってました。

そして出来たのがこれ、
タイトルにもある「アソシエイトリンクジェネレータ」です。
これを使うとボタン一つでアマゾンの売れ筋商品のリンクが
張られたhtmlを作成することができるようになります。

アソシエイトID、商品のキーワードは各ユーザーで設定できます。

たとえばお笑いDVDでリンクを作ると、今アマゾンで最もセールスランクが
高い商品のリンクが10個作成されます。

これをうまく使えば、とにかく情報量の多いサイトは簡単に
作れそうです。
情報量が多いからといって、それが商品販売につながるかどうかは
今のところ不明ですが、いろいろ実験してみようと考えています。

http://valentine.hiho.jp/

DTIブログって?