最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

バナー作成ツール

  1. 2009/07/12(日) 10:51:30|
  2. Web開発記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
グラフィック関係のスキルが0に等しい私ですが
Webサイト訪問者のナビゲーションのためにどうしても
バナーが作りたくなり、発見したサイトがココ。
バナー自動作成

洗練されたユーザーインターフェースが実装されており、
(とはいえ若干わかりにくい部分もありましたが・・)
ものの数分でおおむね希望どおりのバナーを作成できました。

これでお試し査定に人が集まるのか、効果の程が見物です。

お試し査定はココ

お試し査定システム

  1. 2009/07/12(日) 10:37:56|
  2. ヴァレンタイン書店|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
今日は朝から
『お試し査定システム』
http://valentine.hiho.jp/kaitori/otameshi.html
のプログラム修正を
やっておりました。
お試し査定システムとは弊書店Webサイトから本の買取査定金額を
「リアルタイム」にユーザーにお知らせするシステムです。

「リアルタイム」というのがミソでありまして、
事前に査定価格を調べられるサービスをやっている書店は
かずあれど、メールでやりとりする形式のものがほとんどで、
情報を知りたいと思ってから数時間〜数日のタイムラグが
発生するような仕組みになってます。

ユーザーとしては買取店の比較検討を行うにあたり、
すぐに買取価格を知りたいだろうからこのリアルタイム査定システムは
ツボを突いたいいシステムなんじゃないかなと
手前味噌ながら思っております。

現時点では本の査定価格しかだせませんが、
近日中にCD、DVD、ゲームソフトにも対応させたいです。

昨日も、DVDの査定をしてくださった方が居たのですが、
システムが未対応なもので、0円と査定結果が出ておりました。
そんな査定結果が出ては弊書店が検討対象からはずれるのは必然で
猛省しております。

逃がした魚は大きい。

リンク集

  1. 2009/07/04(土) 16:39:55|
  2. リンク集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
サイト名 紹介文
ヴァレンタイン書店買取センター 本、CD、DVDを高額買取!査定額20%向上キャンペーン中!

酷道を行く

  1. 2009/07/04(土) 16:15:39|
  2. 書籍紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


酷道とは、国道でありながら、道幅が狭く、見通しが悪く、
落たら死ぬような酷い道の事を言う。
初めてこの本を見たときは面食らったと同時に、いい着眼点だと感心した。
国道だけど酷いというギャップ感は、インフラ整備の行き届いた日本では
面白い。

内容はこれでもか!という酷道のオンパレードで大変見応えがあり、
私は即座に購入を決意した。(ブックオフで500円で買ったんだけど)

カラーページでは酷道のルートマップが掲載されており、
特に道路状況が酷いポイントや、冒険を盛り上げる楽しいオブジェクト(例えば、酷道157号の「落たらと死ぬ」と書かれた看板など)を
写真付で掲載しており、現場に行ってもいないのに、そして今後一生行くことはないだろうのにあたかも行って見てきたかのような錯覚が得られる。

【落ちたら死ぬ看板の参考URL:「天下の酷道R157号温見越えオフ」】
http://www.road.jp/~yamatetu/nukumioff/nukumioff2.html

私の様な軟弱かつ車の運転が下手くそで、オートマ限定で
酷道なんて走ろうものなら命がいくつあっても足りないんだけど、
心はワイルドで人外魔境の冒険には興味有りなんて人間には
もってこいの内容だ。
中には車が走れない酷道で、ただの山道なんてのもある、
山の中に国道の看板が突っ立っている非日常感が大変面白い。

この本はDVD付で実際に酷道を走行した映像が収録されている。
東北や四国の酷道も収録されており、全国の酷道巡りをした気分になれて、大変お得。

ちなみにAmazonにおける人気も高く、試しにAmazonマーケットプレイスに
出品してみたら即座に売れた。というわけで現在手元に無い。

YouTubeで『酷道』で検索したら走行映像がヒットするので興味ある方は一度ご覧あれ。
特に酷道425号がお勧め。
http://www.youtube.com/watch?v=z4T9qWetWyA

DTIブログって?