最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

WMVをDVDデッキで再生可能にする方法

  1. 2011/10/16(日) 20:40:16|
  2. 技術情報展開|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
無料で動画が作成できるWindowsムービーメーカーはWindows7に
標準搭載されている事もあり、お手軽にムービー作品を作りたい
場合は利用されることも多いと思います。
私も必要に迫られてムービーを作ったんですが、それをDVDデッキ
で再生しようとした場合、詰まってしまいました。安直にWindows
ムービーメーカーで作成されるWMVファイルをDVDに焼いても、
DVDデッキでは再生できないのです。
DVDデッキで再生するにはWMVをISO形式に変換する必要があります。

また、WMVをISOに変換するだけでは音楽の情報がコピーされない
という問題も発生しました。このあたりの変換のメカニズムは
理解できていないのですが、WMVをそのままDVD Flickに渡しても
うまくいかななくて、AviSynthのDirectShowSourceという
内蔵フィルタ(?)を介してやると音楽情報も含めて変換ができました。

慣れればどうってことないけど、未経験からこの手順を編み出すのは
結構苦労すると思うので、同じ悩みを抱える人の為に
WMVからDVDデッキ再生可能なメディア作成までの一連の流れを記載しました。

1.AviSynth2.5をインストールします。
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=57023&package_id=72557&release_id=650255

2.makeavs.batをダウンロードします。
http://valentine.hiho.jp/down/makeavs.bat

3.動画ファイル(WMV)をmakeavs.batにドラッグアンドドロップすると、AVSファイルが作成されます。AVSファイルは後続の処理にて使用します"

4.DVD Flickをインストールします
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/03/07/dvdflick.html

5.DVD Flickを起動後、Project Settingsボタンを押す

6.Project settings画面のVideoタブを選択する。
Target formatがNTSCであることを確認する

7.Burningタブをクリックする。Create ISO imageとBurn project to disc にチェックを入れる

8.メニューを出したい場合はメイン画面>Menu Settingsを選択し、自分の好みのメニュー画面を選択する

9.WMVファイルをmakeavs.batに読み込ませて作成したAVSファイルをDVD Flickerにドラッグアンドドロップする。

10.メイン画面>create DVDボタンクリックでWMVファイルのiso形式への変換とDVD書き込みが開始される
データの仮格納領域を上書きするが良いかと確認されるので、Yesをクリックする。

11.変換後にDVDへの書き込みを行うのでブランクメディアをDVDライターにセットするようにメッセージが表示される。
OKをクリックすると、処理が開始される。あとはISO変換からDVD書き込みまでをやってくれます。

DTIブログって?