最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

「不愉快な古本屋さん」(仮名)にも負けないうれまっせの価格改定

  1. 2012/06/30(土) 10:29:43|
  2. せどり攻略|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
某かぴぱら堂で最近ホットな話題といえば「不愉快な古本屋さん」(仮名)問題です。

相場よりも極端に低い価格で架空の出品を行い、他の出品者の価格改定ツールによる最安値設定を誘発し、相場よりも安い価格で商品を仕入れる手口を使うとのこと。そのあくどい手口にせどらーからの批判が集中しております。

価格改定ツールがアホだから、こんなことになるんだ!
なんて意見も出ているのですが、「うれまっせ」であれば「不愉快な古本屋さん」(仮名)が繰り出す不当な安値も見破れます。

たとえばバカプライス設定1で50円と設定していれば、最安値と二番手が50円以上開いている場合は、二番手価格を正当な価格とみなします。

うれまっせホームページ
http://valentine.hiho.jp/menu1.html

無料でメール便を発送する方法

  1. 2012/06/29(金) 21:01:02|
  2. せどり攻略|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
メール便を無料で送付する方法が「CDせどりの日記」に書かれていましたので
紹介します。



このワザを利用するにはまず「お財布.com」
というポイント交換サイトに登録します。
このサイトで広告を利用したり、送られてくるメールをクリックすると
ポイント(コイン)がたまります。

このサイトが使えるところは楽天の買い物でコインが
貯められるということです。
お財布.comの楽天へのリンクから入って楽天で買い物をすると
楽天ポイントとは別に100円の買い物で1コインが貯まります。
なにもせずともポイントを二倍貯められるわけでこれはお得です。

たまったコインはEdyに1コイン=1円で交換することができます。
そしてヤマト運輸では支払いにEdyが使えるんですよね。

ポイントで貯まる金額なんてしれているんだけれども
メール便が何通か無料で送れるのであればなかなかお得感があります。
試してみる価値はあるんじゃないかなって思った。

僕もお財布.comをやってみよ(リアルに)

【出典元】
CDせどりの日記
http://plaza.rakuten.co.jp/cdsedori/diary/201004220000/

海外CDせどりの参考サイトを発見しました

  1. 2012/06/28(木) 22:47:51|
  2. せどり攻略|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
海外CDせどりを軌道に乗せている方のブログを発見しました。
海外のAmazonでCDを仕入れ、それを日本国内で販売し、
日本で仕入れたCDをebayやAmazon.comで売るという
仕入れ、販売の双方向で海外のサイトを活用しているそうです。

日本では値崩れが起こり、利益が上がらないような商品でも
海外ではそこそこ需要があり、いい値段で売れることがあるそうです。
手堅く売れる商品さえ見極める事が出来ればお先真っ暗の国内
販売よりも海外せどりの方が将来性があるのかもしれません。
まだ、参入者が少なく、競争が激しくない今だからこそ
やる価値は高いのではないかなと思います。

Amazon.comのマケプレにおける入出金を行う口座の開設方法の様に
基本的な事も記事で紹介されているので
海外せどりに興味がある方は一読してみるのも良いかもしれません。

「CDせどりの日記」
http://plaza.rakuten.co.jp/cdsedori/

消費税増税法案が可決されましたが

  1. 2012/06/26(火) 22:24:24|
  2. うれまっせ2|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
消費税増税法案が衆議院で可決されました。
これは賛否両論ありますが、私は国債を発行し続ける
借金まみれの財務体質を改善させるためには
致し方ないのではないかと思います。
無駄な出費を削ることも大事なのですが
出費を削るだけでは解決できるレベルの問題ではないと思います。
政府の収入を増やさない事には現状赤字国債だのみの
財務体質は改善しないと思います。

消費税増税の影響を受けるのは中小零細企業とも言われており
消費税増税が経営に響くせどらーも多いと思います。
何とか経費を削減したいせどらーにお勧めしたいのが
多彩な価格改定機能を持つ価格改定ツール「うれまっせ2」です。

年間5000円の利用料金で売上げアップを実現します。
消費税が増税されても価格は据え置き。
↓興味があればぜひWebサイトをご確認ください。
http://valentine.hiho.jp/menu1.html

海外への販売にチャンスあり?

  1. 2012/06/25(月) 23:08:43|
  2. せどり攻略|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
せどり攻略関連の記事を調べてみると、仕入れたCDを海外向けに販売して
収益を上げているせどらーの記事に出会いました。
http://plaza.rakuten.co.jp/cdsedori/diary/201102230000/

ebayでは日本で安値の邦楽CDでも高値で売れることがあるみたいです。
海外アーティストの日本版のCDが高値で売れることもあるとかで、
海外の需要って日本に居るだけじゃわからないんだなって思います。
BOOK OFFの250円コーナーで購入したCDが二十数ドルで売れるそうです。
海外で売れるCDを抑える事ができれば手堅く収益を上げられるのかも
しれません。

海外への販売は言語の壁がある分敷居が高く感じられ、
国内相手のせどりのようにお気軽にはじめるわけにはいかないのですが、
参入者が少ないからこその旨みもあるみたいです。

国内のマケプレは商品の供給量が多すぎて、値崩れが顕著です。
国内のせどりの将来は暗いと思いますので、ここらで視点を変えて
新たな販路の開拓に挑戦するのもアリかもしれません。

DTIブログって?

次のページ