最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

ブログのアクセスアップのイロハ

  1. 2012/09/26(水) 22:13:51|
  2. 雑記帳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ブログのアクセスアップを目指すにあたり
まずやるべきことは記事を毎日書く事です。

こんなことブログの本を読めばどこにでも書いてある事なんで
基本中の基本!イロハのイ!
てなぐあいにわかっているんだけどまったく書けませんね。

電脳せどりツールを開発しております。
まとまった時間がとれないからはかどりません。
家に居ると色々雑音が入るのが良くない。

とりあえず、Amazonから引っ張ってきた商品情報で
ヤフオクの出品情報を引っ張る原型みたいなプログラムは出来つつある。
リリースまでは1ヶ月くらいかかるかな

電脳せどりツール開発中

  1. 2012/09/18(火) 21:31:21|
  2. せどりツール開発日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
AmazonMWSで取得した商品情報とヤフオクの出品情報を
同時に検索し、電脳せどり対象商品を抽出する電脳せどりツールを
開発中です。

ヤフオクの出品商品を検索するAPIの利用は今回が初めてなので
ネックになるかなと踏んでいたのですが、予想外に簡単に利用できる事が
判明しました。

自分はC#を利用して開発しているのですがサンプルは個人が作ったブログに
いいのが載っていましたのでそれを流用しようと思います。

↓参考にしたブログ
C# Tips (3) Yahoo API 「日本語形態素解析」をC#から利用する


ちなみに電脳せどりツールには「しいれまっせ」という名前を
とりあえずつけています。

シンプルなデザインの広告が特徴のLive!Adsに登録してみました

  1. 2012/09/11(火) 21:20:27|
  2. アフィリエイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「必ず結果が出るブログ運営テクニック100」の90番目の記事に
「Live!Ads」というASPが紹介されていて気になっていたので
登録しました。

よくブログで大きい画像の写真集のランキング広告が目に留まる事があり
このランキングはなんなのかと思っていたのだが、Live!Adsだったのね。

Live!Adsでは広告を出している店舗の人気ランキングを反映させた
広告を表示させることが出来るのだが、
これはメンテナンス不要で大変便利だと思う。

ブログ記事と広告内容がマッチしていれば何もしなくても売れる商品の
情報が自動的に更新されて表示されるのだから、うまく使えれば
強力なツールになりそうです。

あと、大き目の画像で視覚に訴えてくるので見栄えも良いです。

【Live!Ads】
http://www.liveads.jp/

【Live!Ads広告サンプル】

午後からのさぬきうどんでデブエット

  1. 2012/09/08(土) 07:34:41|
  2. 雑記帳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
四国までさぬきうどん食べてきました。
本場の讃岐うどんのお店はとても店じまいが早く、
午前中に直島をおとずれた後のうどんめぐりは店探しが大変でした。

そこで午後から香川県を訪問する人でも味わえるうどんの名店をご紹介します。

うどん屋その1 長田in香の香



高松道善通寺ICで降りて北西方面へちょっと走るとあります。
四国は土地勘が無いので発見できるのかが不安でしたが
田んぼの中に建っているのですぐにわかります。
駐車場は広いですが、さすが人気店だけあり車は多いです。

入店して釜揚げうどん(小)を注文しました。
二人で一つのうどんを注文する場合はつゆ代金100円をさらに支払います。
それでも350円でうどんが食べられるのはとても安い!

注文後しばらく待つと徳利に入ったダシが運ばれてきます。


とっくりは熱くて重くて危険です。
まずはダシ単体を味わいます。魚介(こんぶ、うるめ、にぼし、めじか)の濃い味が特徴的で
ここでないと味わえないと思います。
※通販で売っているので絶対店でないと食べられないわけではないです

だしへのネギとしょうがのトッピングはセルフサービスです。

その後うどんが運ばれてきます うどんはやや柔らかめの麺です。
コシが強いのが好みの方は物足りないかもしれません。
僕はコチラの方が地場のうどんという雰囲気があって好きですね。

長田 in 香の香




関連ランキング:うどん | 金蔵寺駅


直島には何があるのか その

  1. 2012/09/06(木) 21:20:27|
  2. ヴァレンタイン書店|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
昨日投稿した直島旅行記録の続き


フェリー船内の客室は空調が効いておりとても快適でした。
清潔とまではいいませんが席数も多く予想外に快適でした。
デッキに出て島を眺めるのも気持ちよくて良し。


瀬戸内海の景色を眺めていると20分の船旅はあっという間でした。
目的地の宮浦港にはかの有名な「かぼちゃ(赤色)」が鎮座しており、
のっけからアートの匂いがぷんぷんします。


フェリーから下りてすぐのところにバス停があります。
つつじ荘行きのバスに急いで乗車しました。バスはマイクロバス程度の大きさで
座れないお客さんも結構いました。

島なだけに車の道はせまいです。
特に家プロジェクトがある町の中心部は建物が密集しており道はさらににせまくなります。
民家すれすれを絶妙のハンドルさばきですりぬけるバスの運転手のテクはだんじり級です。
ペーパードライバーの方はまかり間違っても車で来てはいけません!て思いました。



つつじ荘で町営バスを降りるとちょうどシャトルバスが待ち構えておりまして
スムーズに乗り換え出来ました。
シャトルバスもこれまたほぼ満員で補助席を使うぐらいに混んでました。

シャトルバスはベネッセアートサイト内を移動します。
ベネッセアートサイトに入ると直島の有名なカボチャ(黄色)とニキ・ド・サンファール作の
不思議なオブジェ群が視界に飛び込んできて「キター!」てなりました。(僕の場合)



僕はベネッセハウスミュージアムのみを見学しました。
地中美術館が有名ですが入場料(2000円)の割には作品数が少なく、
よほどの安藤忠雄ファンでないと満足できないんじゃないかなと思ったからです。

ベネッセハウスミュージアムは入場料1000円ですが、美術館の建物も作品も面白く
満足できる内容でした。
建物自体がアートのような不思議な空間です。
3次元の迷路の様な空間をうろうろ歩く楽しさと、へんてこりんなアート作品との出会いが
とても新鮮でした。

写真撮影が禁止されているのでブログでは面白さを伝えるのが難しいですね。
こいつは行ってみてのお楽しみって事で。
でも現代アート、ポップアートの類が苦手な人、安藤忠雄って誰?という人は
はあんまし楽しめないかもしれません。

帰り道の件ですが、ベネッセハウスミュージアムから帰りのバスまではとても待たされました。
帰りのバスの時刻も考えて鑑賞するのが吉でしょう。





フェリーは昼の時間帯は運行間隔が空きます、宮浦港周辺で時間つぶしでお勧めなのが
フェリーターミナルの食堂のうどんです。
ここでは讃岐うどんの名店「たも屋」のうどんが食べられます。
事前に讃岐うどんの店を調べた際にたも屋は行ってみたい店としてピックアップしていたのですが
閉店時間が早く、訪問は不可能と踏んでいました。
たも屋で食べるものにはかなわないんだろうけど、
コシの強いさぬきうどんがお手軽に楽しめるのでお勧めです。


DTIブログって?

次のページ