最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

  1. 2012/10/22(月) 22:57:00|
  2. ヴァレンタイン書店|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
日曜日には情報処理技術者試験の中のシステムアーキテクト
を受験してきました。

午後の問題が記述式や論文だったりするので
鉛筆で文字を書く事になれていない僕の右腕は
試験中に汗ダラダラ、緊張でガクガク。
そんな調子で書かれた文字は自分が見ても解読が難しく
採点する人が字を解読できなくて不合格になりそうな勢いです。

とりあえず、午前試験の模範解答が公開されているので
採点してみました。

結果は
午前機20/30(66%)
午前供18/25(72%)

と、合格ラインの60%は超えている事がわかり
ほっとしています。

情報処理試験の鬼門は午後ですね。


ついでに僕の午前問題の勉強方についてご紹介しておきます。
僕は翔泳社の「高度試験午前機Ν供廚鮖箸辰討泙靴拭
この問題集を買って愚直に3回ぐらい通読しました。
1問ごとに問題と解説が載っている形式で、
電車の中で立って勉強するにはやりやすかったです。
1回目にひととおり解いたときは知識量がなさすぎて
ほとんどの問題を間違えていたわけですが、
2回、3回と繰り返すたびに問題の意図と解答の
考え方がわかる範囲が増えてきて、おのずと
合格ラインの知識を得る事ができると思います。

あと、僕は間違えて春試験向けの問題集を購入しましたが
システムアーキテクトの午前問題を解くには特に不都合は
感じませんでした。

それにしても問題集に出てきた過去問とまったく同じ
(問題文、選択肢の内容も一字一句たがわず同じ)問題が
4個ぐらい出題されていたのだが、これは良いのだろうか?
と思いました。


<<  電脳せどりツール しいれまっせバージョンアップ  |  ホーム  |  1万3000円で個室が買える!? ノイズキャンセリングヘッドフォンを買ってみた  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fken120033.dtiblog.com/tb.php/328-647a7178

DTIブログって?